うつを治して夢を叶えよう > 知っておくこと > うつの「逃げたい」ことの大切さ

うつの「逃げたい」ことの大切さ

うつの「逃げたい」ことの大切さ


私は、うつ病の明確な発症は大学4回生と大学院との間の時期でした。

授業はそれほど大変ではないのですが、研究室に閉じこもって実験をしていてそのレポートを書いたり、バイトをしたり、
ボランティアをしたりととても忙しい毎日を送っていました。

気分障害も激しく、常に落ち込んだ状態で、やる気というよりもなんとか「こなす」ことが精一杯でした。

焦りと「追い詰められた感」がとてもあり、悲壮感いっぱいの毎日を過ごしていました。

その時は、若気の至りで、イケイケドンドンで病気なんてことは考えもしませんでした。

自己啓発ものの書籍も読んでいたので、その中には「逃げてはいけない」という言葉が各書にあり、逃げずにすべてに全力で取り組もうとしていました。

日本の中では、逃げるということが非常にいけない事という文化があるように思います。

確かに、責任を放棄したり、まったく忍耐のカケラもないというのは、ある程度踏ん張る必要があるかと思います。

けれども、自分と自分の人生を犠牲にしてまで、その場に踏みとどまり、本心では嫌だと思っていることを続けて
いくというのは、精神的にも肉体的にもとても良くないと思います。

我慢強い人や非常に頑張る人、責任感が高い人は、この傾向は多いにあります。

このために、うつになる人が多いように思われます。

時には、逃げることが必要です。

自分では完全に追い詰められたように思っていることがあります。

しかし、少し離れて見てみると、そうでもない場合があります。

苦しくてたまらない時は、一目散に逃げるのも手です。

逃げることは悪いことではありません

自分を守るためなのです。

自分を守るのは自分しかいません。

他人は、誰も自分を守ってくれません。

時には、手を差し伸べてくれることはありますが、それは自分で自分を救おうと思っている人には有効ですが、
自分で自分を救う気持ちがないなら、依存になってしまい今の傷口を広げることにもなってしまいます。

逃げたとしても、自分を責める必要はまったくありません。

自分を責める気持ちはよくわかりますが、
自分を守るために、逃げたのですから、悪いことではなく良いことです。

自分を救うところから始めてみましょう

きっと、今よりも開けた未来があると思います。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンコイン、うつ病解決マニュアル発売中!

      ↓↓↓↓↓↓

>>>【腸から治す慢性うつ病】<<<

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■







うつの「逃げたい」ことの大切さ:関連ページ

自分の状態とうつは自覚が難しいからこそ客観的にみれるようになる
自分を客観的に見ることができるように メール講座では、第1日目に自分の状態をはっきりとよくわかるように、という内容を書いています。 それは、出発点を確かめるというだけでなく、自分を自分でわかるということは一番難しいからで […]
腸はリラックスを好み、緊張を嫌う
連続して、腸で治すうつを書いてきましたが、いかがでしたか?? さらっと、書いていますが、これ何年間もかけて、一人孤独に研究してきた結果なのです。 体調が良い時を使って、徹底的に研究してきました。 関西でもっとも大きな図書 […]
どこまでが病気で、どこまでが病気でないのか
自分はうつ病なのかうつ病じゃないのか うつ病は、目に見えない病気なので、うつかうつじゃないのかの判断が外からはできません。 それ故に、知らない人からは、ただ、だらけているだけとか、やる気がないだけという悲しい批判をされる […]
絶望は脳が作り出した幻想である
うつの時は、よく絶望感におちいります。 私もよく絶望感にさいなまれる時がよくありました。 些細なことが重大なことのように思えて、気分がとても落ち込んでしまうのです。 しかし、正常になって考えてみると、些細なことは本当に些 […]
うつの時は怒りすぎ(被害妄想も)に注意する
うつうつの時の脳は、疲労が溜まっていて、 判断もおかしくなりがちです。 これは、脳がバランスと調和を失ってしまっているからです。 これを自分で自覚しているか、していないかはとても大きな差なのです。 うつの時の脳は、脳細胞 […]
脳は常にバックグラウンドで動く
脳は常にバックグラウンドで動く うつは、いつの間にか進行している病気で、気付くと、気分が落ち込み、やる気がなくなりしんどい状態になっていて、始めてうつかも知れないとなります。 うつがよくなり始めると、何度かこれを繰り返し […]
時間をかけて病気になったものは、時間をかけて治す
うつ病は、治るのには時間がかかります。 疾患の特徴として、継続したストレスが続いて、発症した病気でもあるので、 何かに感染して発症するような病気でなく、少しづつストレスが加わってなる病気です。 うつ病は、早くて2週間 病 […]

トラックバックURL

https://utu.asia/knowledge/escape/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です