うつを治して夢を叶えよう > 克服へのはじまり > うつ病の本の大まかな種類

うつ病の本の大まかな種類

うつ病の書籍の種類


それこそ、「うつ病」という名のつく本は、片っ端から読んでいきました。

ジャンル的に大きく分けて、3つに分かれていることがわかってきました。

1,医師・学者が書いたもの

2,体験談

3,それ以外

本屋さんで本を購入して、140冊ぐらい読んだ時には、まだ物足りないので、
さらに、大阪で最大の図書館にいき、文献や医学書などを読んでいきました。

「1,医師・学者が書いたもの」

は、前半は、ほとんど、同じ事がかかれている事が多く、
脳神経やら再取込みやらうつ病の分類などで、あまり実践的ではありませんでした。

つまり、

「じゃぁ、どうしたらいいの?」
という問いに答えるものではなく、結局、病院に行って薬をもらう、というオチのものでした。

これは、これで、医学やうつ病、薬についての知識を増やすことができたので、その部分では役に立ちました。

それよりは、2の体験談のほうが実践的で役に立ちました。

でも、体験談では、乗り越えるための精神論が多く、自分が知りたい、どうすれば、治るのかというものは少なかったです。

それでも、1,2,3の中には、実践的なものも中には

あり、それを一つずつ自分の身体を使って実験していきました。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンコイン、うつ病解決マニュアル発売中!

      ↓↓↓↓↓↓

>>>【腸から治す慢性うつ病】<<<

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■







うつ病の本の大まかな種類:関連ページ

うつ病を克服するために本やブログを読みあさった日々
新しい病院では、丁寧にお話しを聞いてくれ薬も前回までの病院とは違うものが処方されました。 前回までの薬は、自分にはあっていないのか、飲むととてもボーとして、やらなければならないことが何も手に付かないということが多々ありま […]
うつ病の症状と診断そして心療内科へ
一日、2〜3時間しか眠れない、というのは、はじめは一時的なものだと思っていました。 日中は逆にとても眠たく、何時間でも寝れそうな眠気が続きました。 睡眠のリズムが狂っているだけとも思っていました。 そんな日を何日も過ぎ、 […]
はじめまして
私は、現在、30代半ばの2歳の子供がいるパパです。 私の青春は、うつ病との戦いでした。 睡眠障害、パニック、神経衰弱、、、 体力も極限まで、無くて、少し歩いては疲れるという状態でした。 夜には眠れず、昼夜逆転の生活で、昼 […]

トラックバックURL

https://utu.asia/kokokara/books-2/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です