うつを治して夢を叶えよう > 腸で治すうつ > 腸を強くする高麗人参

腸を強くする高麗人参

腸を強くする高麗人参


うつ病の治癒に必要な神経伝達物質である
ドーパミンとセロトニンです。

ドーパミンもセロトニンも脳で作られるわけではなく、腸で作られるということを書いてきました。
>>セロトニンとドーパミンは腸で作られる

私が立てた仮説では、腸が弱っていることによってうつ病や精神病になっているというものです。

どれだけ、脳内神経伝達物質の再取り込みSSRIやSNRIで阻害して、ドーパミン(ノルアドレナリン)やセロトニンの濃度を高めようとしても、そもそも、ドーパミンやセロトニンが作られる量が少なくなっているのではないか、と思ったのです。

昨日は、腸の改善には、腸内環境やデトックスが有効でなはいことを書きました。
>>腸は腸内環境やデトックスではよくならない

では、腸を強くすること、それも細胞レベルから変えていくことですが、これも長い年月を掛けて研究していきました。

腸の改善は、西洋医学的なアプローチでは皆無で、やはり東洋医学のものになってきました。

行き着いたのが、

高麗人参と田七人参

でした。

高麗人参は聞いたことがあるかも知れませんが、田七人参ははじめての方がおられるかも知れません。

田七人参は高麗人参の上をいくと言われるもので、高麗人参のサポニンの量が高麗人参の7倍といわれています。

その効果から中国は一昔前までは、輸出を禁止しているぐらいでした。

輸出も解禁されて、その田七人参には中国の雲南省で取ることができます。

私もネットで仕入れて、粉々にして、煎じて飲んでいました。

粉々にするのも大変で、石のように固い田七人参は、粉砕するのが業務用のような大きな粉砕機が必要になります。

10万円近くする粉砕機を購入して、粉砕して、漢方薬で使う煎じ用の急須?みたいなもので煎じて飲んでいました。

数ヶ月続けましたが、何せ高価なもので、お金がかかりました。

さして、高価も薄かったので、

にしました。

高麗人参にも、色々と種類があります。

高麗人参は、万病に効く薬として古来から知られていますが、なぜ万病に効くのかというのは、実は、腸を強くするからです。

高麗人参で腸が細胞レベルから変革されて強くなっていきます

詳しくは、メール講座のほうにも書いているのでみていただきたいですが、
私はこれを半年から1年ほど続けました。

すると、3ヶ月ぐらいから、あれ?というぐらいに、体調が変化していきました。

これまで感じたことがないぐらいに、体調がよくなっていることに気付きました。

まずは、食欲がとても増しました。

次回へ続きます




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワンコイン、うつ病解決マニュアル発売中!

      ↓↓↓↓↓↓

>>>【腸から治す慢性うつ病】<<<

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■







腸を強くする高麗人参:関連ページ

漢方や高麗人参が高いという誤解
漢方や高麗人参が高いという誤解 先に言っておきますが、私は漢方や高麗人参を販売している会社から報酬をもらってこのブログを書いているわけではありません。 どこで買ってもらってもいいし、誰から購入してもらっていいんです。 要 […]
腸はリラックスを好み、緊張を嫌う
連続して、腸で治すうつを書いてきましたが、いかがでしたか?? さらっと、書いていますが、これ何年間もかけて、一人孤独に研究してきた結果なのです。 体調が良い時を使って、徹底的に研究してきました。 関西でもっとも大きな図書 […]
腸が改善した効果は絶大でした
これまで、食欲という食欲は長らくありませんでした。 料理番組をみて、美味しそう!食べたい!と思ったことがほとんどなかったのです。 女性は食べることに興味がある人が多いですが、私には、それが理解できませんでした。 毎回の食 […]
腸は腸内環境やデトックスではよくならない
昨日は、腸をターゲットにしてきた経緯を書きました。 セロトニンとドーパミンは腸で作られる その部分的がこのブログやメール講座のもっとも重要な根幹になります。 それまでは、脳をターゲットにして対策を練ってきました。 脳に良 […]
セロトニンとドーパミンは腸で作られる
腸をターゲットとしたアプローチ うつの7,8年間の流れをまとめると、下記のような流れで仮説をたてて、自分のカラダで検証をしていきました。 通常の心療内科の西洋医学の薬の治療 ↓ 認知行動療法などの心理療法 ↓ サプリメン […]

トラックバックURL

https://utu.asia/intestine/koreanginseng/trackback/

1件のコメント »


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です